夜行バスを利用するメリットやおすすめできる人

お金を掛けずに旅行できる

旅行が好きな方はとても多いですが、あんまり頻繁に行っているとお金が掛かってしまいます。旅行にかかる費用を抑えることで、もっとたくさん旅行に行くことができるでしょう。ここからは、安い移動手段として定番の夜行バスを利用するメリットを紹介していきます。

夜行バスを利用するメリット

費用を抑えられる

夜行バスを利用する大きなメリットと言えば、やはり費用が抑えられるということでしょう。お金があまりない学生さんなんかは特に利用者が多いです。安いものになると、東京から徳島の間でなんと5000円程で行けちゃいます。飛行機や新幹線の半額でいけてしまう夜行バス恐るべしです。

時間を節約することができる

夜行バスは深夜に移動するので、基本的に中は真っ暗です。なので、寝る環境が整っていると言っても過言ではありません。寝ている時間を移動に使うことができるので、移動時間を節約することができます。寝ることが前提とされているので、おしゃべりなど他の乗客の迷惑になる行為はNGです。移動中も楽しみたい方は我慢する必要があります。

宿泊施設を利用しないで済む

夜行バスの中で寝て過ごすので、前入りの際の宿泊施設を利用しないで済みます。夜行バスを利用することで、宿泊代を浮かすことができるというメリットを得ることができます。

寝坊しないで済む

これは朝が弱い人限定でのメリットですが、万が一寝坊してしまった場合、飛行機などは待ってくれません。ですが、夜行バスであれば寝る時間に移動するので、寝坊する心配がいりません。

夜行バスを利用するメリットやおすすめできる人

バス

夜行バスがおすすめできる人

夜行バスで移動中にほとんどの人は寝ることができます。多少の振動や走行音はありますが、暗くて深夜という条件があれば、寝れるでしょう。ですが、神経質な人はちょっとした物音などでも気になってしまいます。いつもと違う環境で眠れなくなるという人は、到着してから睡魔が襲ってくるので、元気に観光することができないでしょう。そのため、寝れる人にはおすすめできます。

寝れない人のために

神経質な人であっても、眠れる努力をすればいつの間にか眠りにつくこともあります。周りの環境をシャットダウンすることが眠りには大事です。なので、耳栓やアイマスクは必須になるでしょう。車内は真っ暗であっても、外からは光が入ってくることがあります。耳栓があれば走行音や物音を気にしなくて済みます。また、いつもと同じ環境にしたいのであれば、枕をもっていくこともおすすめします。

夜行バスを利用した方の口コミ

ホントに真っ暗

夜行バスを初めて利用しましたが、ほんとに真っ暗になりました。どこでも寝れる私はすぐに爆睡してしまいました。いびきをかいていないか心配になるくらいぐっすり眠れることができました。これで移動費を節約できるなんてお得すぎる!

ちょくちょく目覚めた

これまで夜行バスは複数回使用してきましたが、毎回数時間置きに起きてしまいます。神経質な体質なので、仕方のないことですが、その後またすぐ眠りにつけるので、寝不足を感じたことはありません。

安すぎてびっくり仰天

なんかのキャンペーンの時に夜行バスを利用しました。確かその時は東京から京都までで2000円ちょっとでした。こんな安くで旅行できるおかげで毎週のようにいろんなとこにいっています。

広告募集中