60代からでも遅くない|肌の潤いは化粧品ケアで取り戻す

ビタミンCの肌への効果

鏡と化粧品

しっかり浸透する

洗顔後の肌のコンディションを整えるために必要なのが、化粧水や乳液などの基礎化粧品です。化粧水は肌にうるおいを与えるために使うものです。しかし、分子量が大きい成分だと肌の深層部まで浸透しないので、一時的にはうるおってもすぐに乾燥します。また、角質層の奥まで浸透させるには手やコットンだと限界があり、イオン導入などの美顔器を使う必要があります。分子量が小さく肌への吸収性に優れている成分がビタミンC誘導体です。ビタミンc化粧水に配合されているビタミンC誘導体は、角質層の奥まで素早く浸透します。そして角質層の下にある真皮にまで働きかけて、コラーゲンを増やす効果があります。手でつけるだけでイオン導入と同じような効果があると言われています。

効果と使い方

ビタミンC誘導体は肌への吸収率を高めたビタミンCを原料とした成分です。ビタミンc化粧水の主成分として配合されていて、幅広い肌トラブルを改善に導きます。皮脂分泌を抑える働きがあるので、ニキビ肌やオイリー肌の改善に効果があります。ただし、もともと皮脂分泌が少ない人が使うと、肌に負担になる可能性があるので注意が必要です。ビタミンC誘導体は少量でもしっかり効果があります。乾燥肌や敏感肌の人は、念のために含有量が少ないビタミンc化粧水を使うことをお勧めします。また、ビタミンc化粧水をつけたあとは乳液などでしっかり保湿をすることが大切です。乳液を付けることで、ビタミンc化粧水の効果の持続力が高くなります。